横歩取りとは
角道を開けるために突き出した後手から見て左から3列目の歩を飛車で取ってからの一連の変化を指します。様々な戦法の中でも、大駒を全て交換する場合があるなど、激しい急戦となることもあります。
一般的な例
横歩
解説
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛までの11手までは横歩取りにおける共通手順です。
(手順の前後があっても、最終的に11手目の形になれば良い)

ここで後手には△2三歩・△8六歩の選択肢があります。

プロの横歩取りではほぼ間違いなく△8六歩と移行します。
▲8六同歩△同飛▲3四飛と進んだ後、後手には△3三桂・△3三角・△8八角成などの選択肢がああります。
手順
ドリームオンライン製品情報はこちら