相掛かりとは
お互いに角道を開けないまま飛車先の歩を伸ばしていく、古くからある相居飛車の一戦法です。 飛車を左翼に展開するひねり飛車や、右銀を活用しての棒銀、もしくは腰掛け銀などの様々な変化があり、先手後手ともに手が広く構想力が問われる戦い方の一つです。
一般的な例
相掛かり
解説
まず▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩と飛車先の歩を伸ばしあい、▲7八金△3二金と互いに角頭を守ります。
(角頭を守らずに▲2四歩と先行すると不利を招く)
▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩の歩交換が一連の運びです。

この後▲2六飛か▲2八飛かによって、戦法は二分されます。
△ なし▲ 歩第10手 △2三歩 まで初手▲2六歩に対し△3四歩と突く場合は、後手が振り飛車にする場合ならともかく、 相居飛車を目指す場合、以下▲7六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛と横歩取りが想定されるため(先手には横歩を取らずに飛車を引く選択肢もある)、 後手は横歩取りに対する対策がなければ△3四歩と突けません。

一方で▲2六歩△8四歩から▲7六歩と突いた場合、△8五歩▲7七角と角換わりにさせることができます。
手順
ドリームオンライン製品情報はこちら