中飛車とは
先手であっても後手であっても、飛車を初期状態で玉がいる中央5筋に振るのが特色の、初心者に人気が高い振り飛車の戦法の一つです。角行・桂馬などを有効に使用できる戦法なので破壊力が高い戦法です。
一般的な例
中飛車
解説
飛車を盤面中央の5筋に振るところから中飛車と呼ばれます。

振り飛車といえば中飛車・四間飛車・三間飛車・向かい飛車の順で攻撃の要素が強くなっていくとされ、中飛車は守りの戦法とされていましたが、 ゴキゲン中飛車が登場して、より攻撃に重きをおく戦法が知られ、爆発的に研究が進みました。

角行・桂馬などを有効に使用できる戦法なので破壊力が高く、相手も中飛車で対抗すると総力戦となります。

中飛車は、飛車を5八(後手は5二)に振るため、左金の活用が難しく、専ら左側を守ることが多い特徴があります。
ほとんどの場合で左金が囲いに利用されないため、囲いが片美濃囲いなどになり固くならず、敵を自陣に入れると致命傷になることが多くなります。
そのため、自陣を効率よく守るバランスが必要であるとされる戦法です。
手順
ドリームオンライン製品情報はこちら