将棋の駒について

ここでは駒の名前、譜面上の動かし方を説明します。

玉将   飛車   角行

金将   銀将   桂馬   香車   歩兵

玉将(ぎょくしょう、おうしょう) 略:玉(ぎょく)、王(おう)
将棋において最も大切な駒。この駒が取られると負けになります。
大切な駒なのでつねに注意を払わなければなりません。この駒は裏が無いので、成ることはできません。
玉は自分の回りに一つずつ動かすことができます。

玉将駒

飛車(ひしゃ) 略:飛(ひ)
成ると竜王(りゅうおう)竜(りゅう)になります。表記によって竜(竜王)となることもあります。
飛は、縦横に好きなだけ進むことができます。ただし他の駒を飛び越すことはできません。

飛車駒

竜になると飛の動き+斜めにも一つずつ進めるようになります。

竜王駒

角行(かくぎょう) 略:角(かく)
成ると、竜馬(りゅうま・りゅうめ)略して馬(うま)になります。
表記によっては龍馬となることもあります。角は、斜めにいくらでも進め、攻防に活躍します。
ただし他の駒を飛び越 すことはできません。

角行駒

馬になると、角の動き+縦横に一箇所ずつ動けるようになります。

竜馬駒

金将(きんしょう) 略:金(きん)
守りとなる駒、成る事のできない駒です。
斜め後ろに進む事はできませんが、縦と横、斜め前方に一つずつ進めます。

金将駒

銀将(ぎんしょう) 略:銀(ぎん)
横と後ろには進めませんが、図の左側の銀のように、縦と斜め前後に一つずつ動けます。 成ると成銀(なりぎん)になり、図の右側のように金と同じ動きになります。裏字は金を崩したものです。

銀将駒

桂馬(けいま) 略:桂(けい)
桂は、図の左側の桂のように、二つ前の斜めに進めます。途中に他の駒が置いてあっても、飛び越えて進めます。 成ると成桂(なりけい)に変わり、図の右側のように金と同じ動きになります。

桂駒

香車(きょうしゃ) 略:香(きょう)
図の左側の香のように、前にいくら進んでも良いのですが、他の駒を飛び越して進む事はできません。
成ると図の右側のように、金と同じ動きをします。 こちらの裏字も「金」を崩したものになります。

香車駒

歩兵(ふひょう) 略:歩(ふ)
将棋でもっとも基本となる駒。図の左側の歩のように、一つ前にのみ進めます。
成ると、「と金」(ときん)略して「と」に変わり、図の右側のように金と同じ動きをします。
裏字は「金」もしくは「今(きん)」を崩したものです。

歩兵駒

ドリームオンライン製品情報はこちら